How to‎ > ‎

フィードアイテムを検索するには

このページでは、特定の単語やフレーズを含むフィードアイテムを検索する方法を説明しています。現在、フィードアイテムの検索は Google Chrome 上でのみ提供されています。

検索機能の概要

Feedeen の検索機能を使うと、取得したフィードアイテムから特定の単語やフレーズを含むものだけを表示することができます。過去に読んだことのある記事が必要になったとき、見つけ出すのにとても便利な機能です。


Feedeen の検索機能は現在のところ、 Google Drive 連携によって Google Drive 上にバックアップされたフィードアイテムの情報を、 Chrome 拡張機能を使用して検索する、という方法を採用しています。このため、以下の制限があります。
  • Google Chrome に拡張機能をインストールした状態でなければ使えません。
  • 利用開始時にいくつか準備作業が必要です。
  • 購読数が多い場合や更新が多いフィードを購読している場合、検索に時間がかかります。
  • 「スター付きアイテム」および「フィルタされたアイテム」グループは検索できません。
  • 新しく取得したフィードアイテムは、検索対象に含まれるまで一日程度の時間がかかります。
  • Feedeen からログアウトしても拡張機能内にデータが残ります。共有マシン等ではご使用にならないでください。
これらの制限は可能な限り解消できるように努力を続けております。ひとまず現状での制限ということでご理解ください。

検索機能を使用するための準備

検索機能を使用するためには、以下の準備作業が必要です。
  1. Chrome 拡張機能をインストールする。
  2. Google Drive 連携を有効にして、過去のアイテムをアーカイブする。
  3. 検索機能を有効にして、 Google Drive 上のアーカイブをブラウザ内に保存する。
それぞれの作業手順を以下にまとめてありますので、順番に作業をお願いします。

ブラウザ拡張機能をインストールする

検索機能を使用するためには、 Feedeen のブラウザ拡張機能をインストールする必要があります。 以下の URL でからインストールしてください。


ブラウザ拡張機能には、検索機能以外にもいくつかの機能があります。詳細は「ブラウザ拡張機能をインストールする」を参照してください。

Google Drive 連携機能を有効にする

検索機能を使用するには、フィードアイテムのデータが Google Drive にバックアップされていなければなりません。 Google Drive 連携機能を設定して、フィードアイテムをバックアップしてください。そのためには、まず Feedeen 詳細設定の外部サービスタブにて、 Google Drive の「接続」ボタンをクリックしてください。
※ Google Drive にじゅうぶんな空き容量があることをあらかじめご確認ください。


Google Drive へのアクセスを許可する画面になりますので、「承認」をクリックしてください。


※ 上記画面の前に Google アカウントへのログインが必要になることがあります。バックアップを保存したいアカウントでログインしてください。 Feedeen へのログインに使う Google アカウントとは異なっていてもかまいません。

Feedeen 詳細設定の画面に戻るので、 Google Drive の項目の下にある「すべての過去アイテムをアーカイブする」のボタンをクリックしてください。


これで、過去に取得したアイテムがすべて .zip 形式で Google Drive の Feedeen フォルダに保存されます。サーバー側の負荷状態にもよりますが、保存が完了するまで数時間かかりますので、一晩程度寝かせていただくのが無難です。

検索機能を有効にする

拡張機能をインストールし、 Google Drive への接続も終わった状態で Feedeen デスクトップ版の検索アイコンをクリックすると、以下のダイアログが表示されます。「検索機能を有効にする」ボタンをクリックして、検索機能を有効にしてください。
※ ローカルのハードディスクにじゅうぶんな空き容量があることをご確認ください。購読数にもよりますが、データ容量が数GB以上になることもあります。


検索機能が有効になると、 Google Drive からデータをダウンロードしてローカルに保存する作業が開始されます。この作業が終了するまでは、検索アイコンのクリックで開く検索窓の下に、ダウンロードの進捗が表示されます。


すべてのダウンロードが終了していなくても検索は可能ですが、ダウンロード前のデータは検索対象にはなりません。

フィードアイテムのダウンロードが終了するのを待つ

すべてのアイテムを検索対象にするため、ダウンロードが終了するのを待ってください。基本的にはブラウザを起動したまま放置すればよいのですが、PCがスリープ状態に入るとダウンロードが停止してしまうため、スリープを禁止しておくことをお勧めします。ノートPCの場合は、電源に接続するのも忘れずに。

Windows の場合は、以下の URL の方法に従ってスリープを禁止する設定を行ってください。


Mac の場合は、 Caffeine というソフトウェアを使うと、簡単にスリープの禁止ができます。もしくは、システム環境設定の省エネルギーでスリープを禁止してください。


なお、ダウンロード途中でブラウザを終了させても、ダウンロードが中断する以外に問題はありません。次にブラウザを起動させた際に、自動的にダウンロードを再開します。

検索方法

基本的な検索方法

フィードアイテムを検索するには、 Feedeen デスクトップ版の右上のほうにある虫眼鏡の形の検索ボタンをクリックします。テキストボックスがポップアップで表示されるので、検索する文字列を入力し、「検索」ボタンをクリックするか、 Enter キーを押してください。


検索対象になるのは、現在表示中のグループです。「すべてのアイテム」で検索すれば購読中のすべてのフィードアイテムが対象になり、特定のフィードやグループを表示中であれば、そのフィードまたはグループ内のフィードアイテムが検索されます。現在のところ、「スター付きアイテム」と「フィルタされたアイテム」を検索することはできません。

検索条件の種類

特定の単語を検索する他に、複数の単語やフレーズを組み合わせて多彩な検索が行えます。

複数の単語を空白区切りで並べると、それらの単語をすべて含むアイテムが検索できます。(AND 検索)
例 : 「イタリアン レストラン」で、「イタリアン」と「レストラン」の両方の語を含むアイテムが検索できます。

複数の単語の間に「OR」(必ず大文字)を挟むことで、2つの単語のうちのどちらかを含むアイテムが検索できます。(OR 検索)
例 : 「レストラン 和風 OR 中華」で、「レストラン」を含み、かつ「和風」か「中華」のどちらかを含むアイテムが検索できます。

単語の前に「NOT」(必ず大文字)を置くことで、その単語を含まないアイテムが検索できます。(NOT 検索)
例 : 「レストラン NOT ファミレス」で、「レストラン」を含み、かつ「ファミレス」を含まないアイテムが検索できます。

「( 〜 )」(半角の丸括弧)で囲むことで、優先順位を変更できます。
例 : 「(パスタ ピザ) OR ドリア」で、「パスタ」と「ピザ」の両方を含むか、または「ドリア」を含むアイテムが検索できます。

「"」(半角のダブルクォーテーション)で囲むことで、複数の単語がその順序で出てくる文字列を検索できます。(フレーズ検索)
例 : 「"programming language"」で、「programming」の次に「language」が出てくるアイテムが検索できます。

無視される文字や区別されない文字など

表記の揺れを吸収するため、一部の文字は無視されたり、他の文字と区別されないことがあります。以下に概要をまとめます。
  • ほとんどの記号は空白として扱われます。
  • 連続した複数の空白はひとつの空白として扱われます。
  • 英字の大文字と小文字は区別されません。
  • 英数字やカタカナの半角・全角は区別されません。
  • ひらがなとカタカナは区別されません。
  • 捨て仮名(小さい「ぁ」など)は通常の仮名文字と区別されません。
  • 音引き「ー」は無視されます(空白に置き換えられるのではなく、存在しないものとして扱われます)。

検索機能を無効にする

検索機能が不要になった場合は、検索機能を無効にすることで、検索用データの保存のために消費していたハードディスク容量が解放されます。検索機能は以下の手順で無効にできます。
  1. アドレスバーに chrome://extensions と入力し、拡張の管理画面を表示する。
  2. Feedeen 拡張の「オプション」をクリックする。
    https://sites.google.com/a/feedeen.com/help/howto/find-feed-items-by-keywords/disable1.png

  3. 「検索機能を無効にする」ボタンをクリックする。
    https://sites.google.com/a/feedeen.com/help/howto/find-feed-items-by-keywords/disable2.png

  4. 確認メッセージが表示されるので、再度「検索機能を無効にする」ボタンをクリックする。
    https://sites.google.com/a/feedeen.com/help/howto/find-feed-items-by-keywords/disable3.png

以上で検索機能が無効になります。再度有効にする場合は、デスクトップ版 Feedeen の検索ボタンをクリックすれば、検索機能を有効にするためのダイアログが表示されます。

他のブラウザへの対応について

現在のところ、検索機能は Chrome 拡張機能でのみ提供していますが、 Firefox アドオンについても対応予定です。 Chrome / Firefox 以外のブラウザへの対応は、ブラウザ拡張機能の提供と平行して検討してまいります。 Chrome 以外をご利用の方々にはご不便をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

Comments