How to‎ > ‎

Firefoxのデフォルトフィードリーダーにする

FeedeenをWebブラウザのデフォルトフィードリーダーにすることで、閲覧中のWebサイトを簡単に購読できるようになります。ここでは、FirefoxのデフォルトフィードリーダーとしてFeedeenを登録する手順をご説明します。

FirefoxにFeedeenを登録する

Firefoxでデスクトップ版Feedeenを表示すると、歯車メニューに「Firefoxに登録」という項目が表示されます。


このメニュー項目を選択すると、FeedeenがフィードリーダーとしてFirefoxに登録されます。画面上部に確認が表示されるので、「フィードリーダーを追加」ボタンをクリックしてください。



購読ボタンをアドレスバーに追加する

Webサイトの購読を簡単にするため、アドレスバーに購読ボタンを配置します。アドレスバーの入力フィールド以外(ボタン上や、枠の部分)を右クリックして、メニューで「カスタマイズ」を選択します。


表示されたダイアログにある「購読」ボタンを、アドレスバーの好みの位置にドラッグ&ドロップします。



Webサイトを購読する

上記の設定を終えた後にフィードを公開しているWebサイトを表示すると、先ほど追加した購読ボタンの色が変化します(少しわかりづらいですが、アイコンの色が灰色から黒になっています)。


この状態で購読ボタンをクリックすると、フィードのプレビュー画面になります。


ページ上部のドロップダウンで「Feedeen」を選択して「購読」ボタンをクリックすると、Feedeenのフィード登録画面に移動します。その際、「フィードの購読には常に Feedeen を使用する」をチェックしておけば、次回以降はこの画面を通さず、直接Feedeenの登録画面に遷移するようになります。

フィードの登録画面では、すでに購読するフィードのURLが入力された状態になるので、そのまま購読できます。必要に応じてグループを選択した後、右上の「購読」をクリックしてください。



なお、購読ボタンの色が変化しないWebサイトでも、ページ内にフィードへのリンクが配置されていることがあります。そのリンクをクリックすれば、上記と同様に購読できます。

デフォルト登録を解除する

フィードのプレビュー画面で「フィードの購読には常に Feedeen を使用する」をチェックすると、プレビュー画面を介さずに直接Feedeenの登録画面に遷移します。これを元の状態に戻したいときは、Firefoxのオプション(環境設定)画面の「プログラム」タブを使用します。リストから「Webフィード」を探し、その値を「Firefox でプレビュー表示」に切り替えてください。


なお、フィードリーダーの登録自体を削除する簡単な方法は、 Firefox 28 の時点では存在しないようです。おそらく将来のバージョンでは、上記メニューの「アプリケーションの管理」で削除できるようになるものと思われます。

※ about:configの使い方をご存知であれば、こちらのページの情報をもとにして登録を削除できます。ただし、Firefoxの環境を壊す可能性がある点をご理解の上、自己責任で実行してください。

Comments